投資顧問は目的・ニーズで選ぶが吉

投資相談をする女性

投資顧問業者選びは利用目的をはっきりさせることが大切

株価に対しての費用を気にする男性

投資顧問会社はたくさん存在していますが、業者によって時間をかけて長期的に資産を運用していくか、短期で利益を出すかなど得意とする投資スタイルが異なります。そのため、自分がどのような利用目的で投資顧問会社を利用するのかをしっかり考えて業者を選ぶのが良いでしょう。ただ、多くの投資顧問業者は長期・短期の両方の投資スタイルに対応していることが多いです。そこで、長期と短期どちらの投資方法を宣伝の際に全面に出しているのかを見て、どんな投資方法に強いかを見極めましょう。

業者を選ぶにあたっては料金も大事

投資顧問会社の料金は高額です。そのため、利用する際の料金を見ることも業者選びの際の基準として大切でしょう。ちなみに投資顧問業者の料金相場は入会金で3万円~4万円程度、1ヶ月の料金は3万5000円程度、そして成功報酬は10%~30%程度と言われています。この料金よりも遥かに高すぎる料金が設定されており、口コミもそれほど多くない業者は要注意でしょう。ただ、相場以上の価格が設定されていても、高額な料金を払っても利用者が納得できるような実績を持っている業者も存在します。そのような業者を利用することを考えている場合はしっかり口コミを調べ、詐欺などではないかを確認したうえで契約しましょう。

また、投資顧問会社を利用していてもなかなか利益が出ないということもあります。そんな時は解約して他の業者を検討することになるでしょうが、その際に解約手数料が発生するところが存在します。そもそも途中解約をしてはいけないという契約を結ぼうとする業者も存在するので、契約書をしっかり読み、できる限り途中解約に対応している、解約手数料が発生しない業者を選びましょう。ちなみに投資顧問は基本的にクーリングオフが適用されます。そこで契約時にクーリングオフに関する説明がない場合、合わないと思っても解約できないもしくは高額な解約料を請求されてしまう可能性があるので、クーリングオフに関する確認も忘れないようにしましょう。

悪徳業者の被害に遭わないためには

投資顧問業者の中には、必要以上に高額な料金を請求しようとする業者も多いです。そこで悪徳業者を見極めるには、まず投資顧問業者登録を行っているか確認しましょう。投資顧問の業務を取り扱う場合は、必ず日本投資顧問業協会に登録したうえで業務を行うことが義務付けられています。そのため、日本投資顧問業協会に登録されていない業者はすべて違法です。会社概要などをチェックすると大体の投資顧問業者は登録番号などを記載しているので、登録番号を日本投資顧問業協会のサイトで確認し、本当に登録が行われているかどうかを確認した上で利用しましょう。

関連記事
パソコン
投資顧問に株マイスターを選ぶなら「テーマ株」について知っておこう

投資戦略において重宝するテーマ株テーマ株は株式の種類の1つであり、注目銘柄を意味しています。話題になっているトピックスに関係している企業の銘...

記事を読む